入居審査 コツ

入居審査にクレジットカードの与信機能

引越しを考えている人は、色々な物件を探すと思います。

 

そうしているうちに、お気に入りの物件が出てきますが、そこへ入居申込を行うと大家、不動産会社の「入居審査」が行われます。

 

「入居審査」は、法律で定められているものではありません。

 

ですが、貸す側の立場になって考えた場合、問題を起こしてしまいそうな人に貸してしまうと、後々大変です。

 

そういったトラブルを未然に防ぐ為にも入居審査を行うのです。

 

入居審査と保証人

安心して部屋を貸したいということから、習慣的に行われるようになったのが、この「入居審査」なのです。

 

保証人代行システムの導入や、不動産会社が発行しているクレジットカードでの家賃支払を前提に、保証人不要の物件保証人不要としている物件なども近年増えてきています。

 

もし、連帯保証人がどうしても見つからないという人は、カードでの支払いが可能な条件の物件に絞って探すのも、ひとつの方法です。

 

クレカが作れず入居できない可能性がある?

このようなケースで、現在、債務整理(借金が返済できず法的に整理)を行なっている人、多重債務を抱えているという人は「クレジットカードの審査が通らないから、物件を借りられない。」と思ったのではないでしょうか。

 

金融の審査と賃貸の審査は、審査機関が異なります。ですから、クレジットカードの審査に通らないからといって、物件も借りられないとは、一概には言えません。

 

まず、クレジットカードを作る審査と入居審査は、【審査の基準が違う】ということを念頭においてください。

 

今までに、賃貸物件にお住まいで、同じ不動産会社で家賃の滞納があった場合は、契約が難しいかもしれません。

 

ご自身の勤務先や勤続年数、そして、契約の際に必要な連帯保証人に十分な支払い能力があるかどうか。

 

そういった部分で、審査が通るか通らないかが変わってくるのです。

 

しかし、最近ではクレジットカードの作成できる、できないにより支払い能力を見る不動産会社も多いです。特に大手不動産会社の物件は自社発行のクレジットカードによる支払いになります。

 

家賃の支払い用のクレカが作れない場合は、例えどんなに良い物件を見つけたとしても契約できない可能性があります。

 

いわゆるブラックリスト入りしている方は注意して下さい。

 

無料でブラックリスト入りしているかすぐに確認する方法

過去に消費者金融でお金を借りた、携帯の分割払いを最後まで払わなかったなどで案外ブラックリスト入り=信用情報にキズがついている状態の方は多いです。

 

ご自身がブラックリスト入りしているかどうかを調べるには信用情報機関にお金を払って情報開示をする必要があります。

 

しかし、今すぐ開示費用を払わなくても簡単に調べることが可能です。

 

それは楽天カードへの申込みです。

 

楽天カードをweb上から申し込んだ後、信用情報に問題なければすぐに審査結果が分かります

 

機械審査でかなりスピーディーに審査されるので、数日、あるいは一週間以上結果が来ないといった場合は、何かしら問題があり、手動の審査に切り替わっている可能性があると考えられます。

 

ポイント還元率も良く、年会費も無料なので一枚持っていても損はないカードなので、無料で信用情報を知りたい方にはおすすめです。

 

楽天カード申し込み画面はこちら