入居審査 年収

入居審査には年収より信用

賃貸管理物件の契約には、大家さんや管理会社の入居審査があります。

 

借りる為の契約を結ぶ為には、この入居審査に合格する必要があります。

 

大家さんからしてみたら、身分がハッキリとしていて、家賃をきちんと支払ってくれる人に入居して欲しいのです。

 

「どこの誰とも分からない。収入があるかも分からない。」

 

そんな相手に貸すのは、後々、家賃滞納や近隣トラブルなどのリスクに繋がります。

 

入居希望者の年齢、既婚か未婚か、現在勤務している会社での勤続年数など、あらゆる点をチェックされることになります。

 

代表的な事柄として、職業や勤務先、家賃に対しての支払い能力がある年収であるかどうか、連帯保証人の身分と入居者との関係性。

 

そして、入居者の人柄などが挙げられます。

 

「支払い能力」とは、家賃管理物件の家賃を納めていくための能力のことをいいます。

 

年収が、毎月の家賃の支払いに対して十分に足りているか、その点を判断されることになります。

 

賃貸の入居審査に、年収は関係あるのかどうか。

 

年収が多いほど、審査に有利であることは、言うまでもありません。

 

ですが、そうでない場合もあります。

 

いくら年収が多くても、会社の評判が世間的によくない会社や、収入が不安定な職業の場合、入居審査に通るのが厳しくなることもあります。

 

逆に、年収がさほど多くなくとも、大手企業の社員であったり、勤続年数が長く、安定していると、好評かへと繋がります。

 

そういった会社や状況にいる人は、大抵のケースで、ボーナスなども安定していることが多いからです。

 

賃貸管理物件を提供する側としても、【家賃を回収出来なくなるリスクが少ない】というような判断が出来ます。

 

収入の多さも、時には必要ですが、賃貸契約の場合は、安定性が重視されるようです。