自己破産 入居審査

自己破産 入居審査への影響

多重債務などを理由に自己破産をする人がいます。

 

このように、自己破産や債務整理をしていると、入居審査は通らないのでしょうか?

 

債務整理や自己破産をしたことがある場合、家賃の引き落としを信販会社でやっている物件などは、全て入居審査には通りません。
信販会社で家賃の引き落としとはどのような意味なのか。

 

これは、家賃の支払いをクレジットカードでする決まりがある物件のことです。

 

カード払いにすることで、管理会社は、カード会社が行う信用調査を間接的に利用します。

 

ですから、このような物件の場合は、入居審査には通らない、ということなのです。

 

ですが、この信用情報は、不動産会社が自由に閲覧、利用出来るわけではありません。

 

基本的には、個人の信販情報は、金融機関以外は、利用出来ないものと考えてください。

 

家賃の支払いをクレジットカードでする決まりの物件は、指定カードの作成が不可能ですから、まず家賃の引き落としそのものが出来ません。

賃貸の保証会社をつけると借りれる

クレジットカードの与信調査で通らない場合は、賃貸の保証会社をつける事になります。

 

これは今までに、家賃滞納などの大きな問題を起こしていなければ、問題なく通ります。

 

ですが、保証会社を通して物件に申込む場合、2年間の保証契約で、家賃の半月分程度が手数料で取られます。

 

そのことを、頭に入れておいてください。

 

また、多くの仲介業者は、収入などの金銭面だけではなく、「人柄」を見て判断します。

 

服装や態度、表情や話し方など。

 

不動産関係に限ったことではありませんが、プロは人を見て、少し離しをするだけで、ある程度の判断が出来ます。

 

債務整理をしていても、現在、きちんとした収入があり、家賃を払っていく自信があるのであれば、安心して堂々としてください。

 

堂々と、とは言っても、横柄な態度をとるということではありません。

 

債務整理などがあるからといって、背中を丸める必要はないということです。

 

逆に言うと、自分を偽って好印象を与えようとすることは効果的だということです。

 

失礼な態度をされれば、誰だって不愉快な気持ちになります。

 

その人への印象も、良いものではありません。

 

それと同じように、上手く話せなくても、失礼のないように、きちんと接することが大切です。

 

誠意ある対応をすれば、相手もそれに応えてくれることでしょう。