賃貸 連帯保証人がいない

連帯保証人がいなくても賃貸物件に入居できる

賃貸契約をするにあたり、入居審査があります。

 

この、入居審査で必要となってくるのが連帯保証人です。

 

ですが、ここ最近で意外と多いのが、「連帯保証人がいない場合の賃貸入居審査」です。

 

親との関係がうまくいっていない、親が失業、早期退職、親戚がいない、頼れる人がいない、というように連帯保証人がいない理由は、いろいろあります。

 

賃貸契約に必要な連帯保証人がいない場合、賃貸物件に入居することは出来ないのでしょうか?

 

答えはズバリ! 借りられます!

 

賃貸契約において、安定した収入があり、借主が家賃を支払えなくなった場合に代わりに支払うことが出来る人は、連帯保証人になることが出来ます。

 

近年、不況などの影響もあり、家賃滞納者が増えています。

 

契約者が滞納することにより、連帯保証人に家賃の催促をします。

 

このような場合、法律上は支払い義務があるにも関わらず、支払わないといった連帯保証人が多いのが事実で、大家さんや管理会社は、大変な苦労をしています。

 

そういった人に目をつけて出現したのが、「保証会社」です。

 

この保証会社は、保証人不要で契約が出来るというもの。

 

保証人不要システム」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

それが、保証会社のことです。

 

この保証会社は、賃貸入居申込者と大家さん、管理会社との良好な関係を構築し、契約から入居を促進する為に活動しています。

 

但し、連帯保証人は不要となりますが、契約時に費用がかかります。

 

賃料総額の30%、一年更新となり更新時に賃料総額の10%が必要というような、「保証料」が必要です。

 

保証会社の審査もあります。

 

ですが、この審査は、過去に家賃滞納などの問題がなければ、審査に通る場合が多いようです。