賃貸入居 審査基準

賃貸入居の審査とは?

賃貸マンションやアパートを借りるとき、「入居審査」というものがあります。

 

この、入居審査とは何なのでしょうか。

 

入居審査とは、「借主が物件に入居しても問題ないかどうか大家さんや不動産会社が審査する」という、名前通りの審査です。

 

これは、不動産屋さんに行くと行われるというものではありません。

 

お気に入りの物件を見つけ、そこへ申込をすることで行われます。

 

この審査に問題なく通れば、晴れて契約成立、その部屋に住めるようになります。

 

単純に、この入居審査に通らなければ、その部屋を借りることは出来ないのです。

クレジットカードを作った経験はありますか?

生活していく中で、審査と言えばふと頭に浮かぶのが、「クレジットカード」です。

 

書類に必要事項を記入すると、信販会社から電話がきます。

 

その電話は、自宅だけではなく、勤務先にも。

 

そうして、申込者の年齢や住所、勤務先、勤続年数や年収などを、かなり細かく調べられます。

 

クレジットカードは、言うなれば料金後払い、使った分だけ毎月きちんと支払いをするものです。

 

賃貸も同様に、毎月家賃を支払わなければいけません。

 

支払い能力がなければ、毎月の家賃を支払うことは出来ませんし、そんなことをされては、大家さんはたまったものではありません。

 

ですから、それなりに審査が厳しくなるのは、ある意味、当然のことといえます。

収入と保証人が審査では重要!

氏名、住所、年齢、電話番号、勤務先などに間違いがないかどうか。

 

そのような基本的な個人情報はもちろんですが、賃貸契約での入居審査で大切なのは「収入」と「保証人」です。

 

所有者である大家さんにとって、借主がきちんと毎月の家賃を納めてくれるかどうかは、大問題です。

 

ですからやはり、入居者の支払い能力は気になるところです。

 

そういった理由から、勤務先や職業、年収などが審査されます。

 

勤務先や職業にき貴賎はありませんが、賃貸契約において不利なこと。

 

それはやはり、「安定した収入が得られないであろう職業」についている人ではないでしょうか。

 

フリーターや派遣社員、フリーで仕事をしている人などは、ちょっと敬遠されがちな傾向にあります。

 

年収が高いに越したことはありません。

 

ですが、大家さんが求めているのは、不定期に入る高収入ではなく「継続的に収入があるかどうか」ということなのです。

 

また、審査は収入だけではありません。

 

申込書類に記入した電話番号や勤務先の電話番号に間違いがないかということを、不動産会社が実際に電話して確認することが、よくあります。

 

ですから、もし記入内容に「嘘」があれば、まず間違いなく入居審査で落とされますので、記入は注意を払って慎重に行ってください。

 

低収入、フリーターなど、堅い職業に就いていない人。

 

そういった人は、「滞ることなく、毎月きちんと家賃を支払える」ということを、しっかりアピールすることが大切です。

 

また、しっかりとした連帯保証人を立てることも、入居審査を通りやすくする方法のうちのひとつです。

 

どうしても入居したい物件を見つけたときは、上記のことを頭に入れて申込をすると、いい結果が出るかもしれません。