無職 賃貸入居

無職で賃貸入居は可能か

入居審査は、一般的に契約者の職業や収入、勤続年数などを見て判断するといわれています。

 

審査基準は、大家さんによって異なりますが、だいたいはこのような部分ではないでしょうか。

 

契約者の職業や収入は、入居後の毎月の家賃の支払い能力があるかという点で、とても重要視されます。

 

では、無職で収入がないと、引越しは出来ないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

無職、求職中、学生といった立場の人は、【親御さんや親戚の方などが契約者となって契約出来る】という物件があります。

 

中には、【連帯保証人の方がお仕事をされていれば大丈夫】という物件もあります。

 

続く不況など、時代ということもあり、無職でも賃貸を借りられるというケースが増えてきています。

 

但し、【どんな人でも貸す】ということではありません。

 

それなりに条件が揃っていても、大家さんに、

 

この人なら、きちんと家賃を払ってくれるから安心して貸せる。

 

と、思われなければいけない、つまり、信用されなければ、入居は出来ません。

 

私達から見れば賃貸の物件も、大家さんにとっては大切な財産です。

 

その財産を、家賃回収が出来ない可能性がある人に貸す大家さんは、早々いません。

無職で賃貸入居が出来たケース

実際に無職で賃貸入居が出来たケースを見てみると、以下の条件があると確率が高くなるようです。

 

収入が安定している人が連帯保証人になっている
家賃の半年分〜1年分を前払いしている
就職までのビジョンがきっちりと見えている
大家さんの審査自体が甘い

 

正直、審査基準が甘かったり、適当な大家さんも中にはいらっしゃいます。

 

こういう審査の甘い大家さんを探し出すのも、無職で賃貸入居をする為に重要なポイントといえます。

 

無職やフリーター、水商売などを理由に、大家さんに入居を断られてしまったという人は、不動産屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。

 

大家さんの審査が甘いということは、それなりの環境という場合もあります。

 

物件の管理自体も甘い・・・なんて場合もありますから、環境もそれなりなことがあります。

 

その辺も視野にいれておくといいかもしれません。

 

ですが、善意で審査を甘くして、入居を許可してくれる大家さんも勿論いらっしゃいます。

 

その場合は、大家さんの善意を裏切るような結果にならないよう、家賃は毎月きちんと支払いましょう。