入居審査 落ちない

入居審査は何に気をつければ良い?

お気に入りの物件を見つけたら、不動産屋さんに入居申込をすると思います。

 

この「入居申込」を行うと、大家さんと不動産会社は、申込書類を元に「入居審査」を開始します。「審査」と言うと、ちょっと重々しいような感じがしますね。

 

ですが、この審査は、簡単にいってしまえば、「希望者を入居させるかどうか」をチェックするものです。賃貸の入居審査に落ちないためには、何に気をつければいいのか。とても気になる点でもあるのではないでしょうか。

 

一般的な審査基準は、次のようになります。

入居希望者の経済的な面

「家賃を滞納することなく、毎月きちんと支払ってくれるのか。」
大家さんと不動産会社にとって第一の入居審査の基準となるのが、この点です。
ですから、申込書に記入した収入、給与明細や源泉徴収票など、その収入を証明する書類などをチェックします。

 

ですが、収入に見合った家賃の物件を希望しているのであれば、それほど問題はないはずです。
また、そこに入居希望する人の職種であったり、連帯保証人(主に両親、あるいは親族)が持家かどうかなどを含めた経済状況も大きなポイントです。

 

ですから、入居者・保証人ともに、しっかりとした支払い能力が備わっているかどうかを見るために審査を行います。

生活マナーや態度などの人柄

借主から見れば賃貸でも、大家さんから見れば、その物件はとても大切な財産です。
家賃をもらうといっても、「生活上のルールをきちんと守ってくれる人かどうか」という人柄も、もう一つの判断基準となります。

 

不動産会社では、入居希望者の人柄や人間性まで、しっかりと面接の中でチェックしています。
見にきている側のつもりでも、実はしっかりと「見られている側」だったりもします。
そうした面接の中で、特に問題が無ければ、大家さんへ推薦、という形になります。

結果が出るのは約1週間後

早ければ1〜2日で、長くても4〜5日で入居審査の結果が出ます。
上記の基準がクリア出来なければ、入居出来ない場合もあります。
ですが、入居不可という状況は、それほど多いケースではありません。

 

ほとんどの場合は、契約成立となります。

賃貸契約に必要な書類を揃えましょう

賃貸契約をスムーズに行う為にも、審査が行われている間に、必要な書類を揃えておくといいでしょう。

 

免許証や健康保険証の写し、保証人の印鑑証明、源泉徴収票や給与明細書(一ヶ月分)の写しを揃えておくと、まず間違いがありません。

 

また、敷金や礼金、前家賃などの費用も準備しておくと良いでしょう。

 

「備えあれば憂いなし」という言葉もあります。

 

事前に準備をしておくことで、大家さんや不動産会社を待たせることもありませんから、人柄の面でもプラスになるのではないでしょうか。