入居審査 ポイント

入居審査のポイント 年齢

賃貸物件への申込から入居までの間に、入居審査があります。

 

その入居審査では、様々な面がチェックされることになります。

 

この審査の中で、最も大きなポイントとなるのが、収入と職業です。

 

ですが、それと同じくらいのポイントが、もうひとつあります。

 

それは、「年齢」です。

 

この年齢も、とても大きな判断基準となります。

 

例えば、10代の人が契約する場合。

 

この場合は、収入や職業も重要ですが、人柄も大変重要なポイントとなります。

 

「物件内の治安や秩序を乱すような人間ではないか」という部分が重要視されます。

 

大家さんや不動産業者さんと会う機会がある場合、身だしなみやマナーは、失礼のないようしっかりと弁えておくことが大切です。

 

いくら中身が素晴らしくとも、外見や言葉遣いがだらしなければ意味がありません。

 

こういった場合ほど、第一印象が大事です。

入居審査のポイント 連帯保証人

次にポイントとなるのが「連帯保証人」です。

 

どれだけ信頼の出来る連帯保証人を用意出来るかも、年齢が若い入居者の場合、審査のポイントになります。

 

では逆に、高齢者の場合はどうなるのか。

 

その場合は、やはり収入環境が最大のポイントとなります。

 

例えば、年金生活を送っている場合は、入居審査が通りにくくなります。

 

年金生活ということは、定年退職である場合が多いということになりますから、無職扱いになり、信用が低くなってしまうのです。

 

また、連帯保証人は親族が理想的だといわれています。

 

ですから、高齢者の親兄弟が連帯保証人になるのも、状況的に見て無理な場合が多い為、高齢者の入居も難しいといえます。

入居審査のポイント 勤続年数

年齢だけではありません。

 

年齢と関連して、勤続年数もまた、重要なポイントとなってきます。

 

30代、40代の段階で短期間のうちに様々な職業に移り変わっているような状況の人は、収入が不安定と判断されてしまい、入居審査で大きなマイナスとなります。

 

安定した環境で働き、安定した収入を得ることが出来ているかどうか。

 

この点が、審査の最大のポイントとなります。

 

ですから、単発での仕事を繰り返して高収入よりも、勤続年数が長く安定した収入のある人の方が、歓迎されるのです。

 

これまでのお話でお分かりいただけたかと思います。

 

このように、入居審査と年齢、勤続年数の関係は、入居者がきちんと家賃を支払える環境にあるかどうかを重要視されるのです。