入居審査 借金

入居審査と借金の関係

「返済中の借金があるから引越しをしたいけど、審査に通るか心配。」

 

このように考えている人は、多くいらっしゃると思います。

 

賃貸の入居審査に、借金は、関係あるのかどうか。

 

実は、借金があっても、それはあまり関係ありません。

 

入居審査に通るか通らないかは、借金の額や件数ではなく、入居を希望する物件の入居審査の内容によります。

 

例えば、家賃をクレジットカードで支払うことが条件の物件があったり、最近多いのが、大手不動産会社が発行しているクレジットカードを申し込む事が条件の物件もあります。

 

クレジット作成OKで審査もOKという事になります。

 

借金の支払が少しでも遅れた記憶がある程度では、クレジットカードの審査で引っかかる可能性がありという位ですが、確実に借金を滞納している場合は、ご自身の信用情報に支払い遅延の情報が掲載されていますので、まずカードの審査は通りません

 

審査が通らないと恥ずかしい感じになります。。。

 

しかし、諦めるのはまだ早いです。

 

クレジットカードの代わりに、保証会社を通して契約することで、入居が可能になる場合があります。

 

その場合、年1回など保証費用が発生しますが、保証会社を通しての契約の場合は、過去に家賃の滞納など大きな問題を起こしていなければ、借金があったとしても特に問題なく審査に通ります。

 

クレジットカードでの家賃支払いではなく、一般的な通常契約での審査は、書面だけの審査なので通ることがほとんどです。

 

ですが、この審査でも、本人に安定した収入があり、信用出来る連帯保証人がいるという環境でなければ、通らないこともあります。

 

返済滞納履歴など信用情報を開示する

 

消費者金融(サラ金)は、JICC(日本信用情報機構)

 

クレジット会社全般は、CIC

 

銀行・信用金庫等の借入利用情報は、JBA(全国銀行協会)

 

と信用情報を取り扱う機関は決まっています。

 

自分の知らない間に信用情報にキズが付いてしまうばかりでなく、貸金業者が誤った情報を掲載しても信用情報を開示してみないと気づく事もできません。

 

行政書士が信用情報の開示を代行してくれるサービスもありますので、入居審査が心配な方は一度ご自身の信用情報を確認してみて下さい

 

>>> アヴァンス行政書士ホームページ

 

 

 

 

 

 

不動産会社に借金がある事を打ち明けてみる

 

一度で物件を決めるのではなく、不動産屋さんを何社か回りながら、担当者の方と実際にお話をして、信頼のおける不動産屋さんを探すというのも、自分の希望に一番沿う物件を見つけられる方法のうちのひとつです。

 

信頼関係を築くことで、話やしやすくなります。

 

ですから、借金の面で不安がある人は、

 

「過去に支払いが遅れたことがある為、審査が難しい可能性がある。」

 

と、正直に話すことで、カード審査ではない物件を紹介してもらいやすくなります。

 

クレジットカードのみでの審査物件は、近年増えているとはいっても、全ての物件が該当するわけではありません。

 

ですから、不動産屋さんと信頼関係を築き、希望の条件を話せたら、それに沿った物件を紹介してくれますから、十分に借りられることと思います。

 

一般的な不動産業者は、入居希望者に借り入れがあるか、きちんと毎月返済されているか、というような信販情報は、一切分かりません。

 

その審査が通らなかった場合は、

 

「この人、借金が結構あるのかな?」

「返済を滞ったことがあるのだろう」

 

と、判断される程度のことです。

 

何事も、信頼関係が大切なように、物件を借りる場合も、大家さんだけではなく、不動産会社との信頼関係も大切です。

 

隠し事をして審査で落ちてバレるより、初めから正直に話しておいた方が、不動産会社側も、物件は探しやすいようです。